設計中の住宅の模型です。
読書家のクライアントで、その蔵書をいかに収納するか考えどころです。
s-P1014297  そこで、うまれたのがこの空間です。
階段と吹き抜けを連続させた空間で、その奥の壁面を本棚にしています。
この本棚の高さは、1.5階分(4.2m)になります。
既に相当な迫力ですが、3階も本棚にすると尚更です。
クライアントと相談中ですが使い勝手や安全性なども考え、
慎重に考えていきます。
手前の階段はこの模型よりもっと透けた感じにして
本棚が引き立つようにデザインしていきます。
階段の踊り場や、最上階のブリッジなど様々なところで
読書を楽しめるように工夫していきます。
この本だなと階段の模型の製作は、結構細かくて大変です。
スタッフもがんばってくれました。
ご苦労さまでした。