横浜での計画です。横浜に多い傾斜地での工事です。

do0-520x180

この白い擁壁を崩し、模型のような地下車庫になります。

do1-520x180

一次掘削 まず、小型のショベルカーで敷地の上から掘削し、擁壁も上から少しづつ壊していきます 。
do2-520x180

両側の土は崩れない高さで残し、中央にトラックが乗り入れられるようにして資材を搬入、

重機で穴をあけ、親杭(H鋼)を挿入していきます。
do3-520x180

二次掘削。親杭の間に矢板をはめ込みながら土を掘削し、支持地盤まで丁寧に掘り進めます。

支持地盤になる関東ローム層が確認できました。

do4-520x180

 

 

 

耐圧盤(建物の一番下になるコンクリートの床・基礎) の鉄筋工事が終わり、審査機関の検査も合格し、いよいよコンクリートの打設です。難しい工事なのですが、段取りもよく施工も丁寧できれいに進み、素晴らしい工事でした。