kt-n邸 旗竿敷地に建つ秘密基地のようなパッシブデザイン住宅

旗竿敷地に建つ秘密基地のようなパッシブデザイン住宅 Kt-n邸

厳しい立地条件ながら、パッシブデザインを駆使した高性能住宅。道路から同じレベルで入る地下室からの3層の吹き抜けのある住宅は、あたかも夢のつまった秘密基地のようだ。

旗竿敷地の住宅の玄関。外玄関は風除室。海外生活を経験されたオーナーのこだわり。人を招く内開き扉
玄関の内扉は、本棚の裏へ引き込める。
玄関から奥へ。本棚は、奥の和室まで連続する。
和室はワークスペースの横にある大切な息抜きのスペース。引き込み戸で仕切れば客間となる。
ワークスペースの背面。本棚と3層の吹き抜け。コールドドラフトは起きない。
アトリウムの光が、地下のワークスペースまで光を届ける吹抜け。これもパッシブデザイン。
ワークスペース。ハイサイドライトが外の気配を伝える。
 
リビングからキッチンダイニングを見る。
 
リビングとダイニングのアイデは、奥様のワークスペース。
 
階段からアトリウムを見る。2階のアトリウムは、1階のリビングまでつながる。
アトリウムに並ぶブリッジと吹き抜け、夏はエアコンの冷気を、冬はアトリウムで暖めた暖気の通り道であるとともに、最下階まで光を落とす空間でもある。
アトリウム ブラインドにより日照をコントロールする、奥に見えるのは空気循環システム。
寝室、星を見るためのトップライトを配置している。
最上階、寝室とブリッジでつながる洗面所・バスルーム。
バスルームとテラス。北側に広がる緑地につながる。
ルーフテラス。都市を一望できる。星を見るためのテラスはご夫婦の要望。
北側は、広い都有地。桜や紅葉、季節を楽しめる借景。
パッシブデザイン定量評価star 評価基準など詳しくはコチラ
建物の種類一戸建て構造RC造(鉄筋コンクリート造)スランプ15 壁厚20㎝以上
敷地面積100.8m2延床面積140.0m2
DATAアトリウム、空気循環システム、3層吹抜け
長期優良住宅 相当、耐震等級2 相当
高耐久塗装材+ロックウール断熱材 t=8㎝、開口部 ペアガラス

設計・デザインのポイントクライアントの要望の解決から生まれたブリッジ+階段は普通の住宅では見かけないデザインですが、実際に歩いてみると上下に移動しながら様々な視点で空間を眺め、楽しい体験のできる住宅です。
クライアントの声

全文はコチラ

もうしばらく新居を体感していただいてからお客様の声を頂戴する予定ですが「1階から3階まで室温に差がなく、とても快適です」との感想を頂いています。

 

パッシブデザイン住宅事例

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3565-0370 新宿区下落合 最寄駅:JR目白駅

☎03-3565-0370 家づくりセミナー開催   アーキスタジオのデザイン パッシブデザインとは 住宅のデザイン 集合住宅の考え 仕事の流れ お問い合わせ  Blog

パッシブデザイン住宅事例

PAGETOP
Copyright © 一級建築士事務所アーキスタジオ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.