Kw-b邸 大きなテントのパッシブデザイン住宅

大きなテントのパッシブデザイン住宅

黄色い大きな電動テントで、日差しとプライバシーを調整する。アトリウムで集めた太陽ネルで家中が暖かいパッシブデザインでペットものびのび暮らす。

建築と庭の関係。以前の家屋の庭石を記念として使っている
 
 
テントにより日照をコントロールする
 
ダイニング 正面斜め壁奥が,アトリウム(集熱ピット) 壁面の円形の換気孔から温風が送り込まれる.
キッチンより 隣家との視線の干渉を避け,庭と通りだけが見える状態にテントを調整した状態.
ダイニングからリビングを見る.
リビングからダイニングを見る.
 
ベランダとダイニング.
和室からべランダを見る, 上部の天窓は集熱ピットでもある.
浴室・トップから光の落ちる, プライバシーの守られた坪庭.
一階 土間

お客様の声

「打合せは週末に限られたものの、こちらの都合に合わせて頂き、回を重ねるごとにイメージは具体化されていきました。」
「琴さんは施主の立場に立って工務店との交渉に臨んで頂き、工務店と非常に有利な契約を締結する事が出来ました。」
「週末には進捗状況の確認に夫婦で度々足を運び、琴さんも時間があれば一緒に現地で見て確認することができました。」
「完成した我が家はまるで美術館のようです。」
「デザイン性の秀逸さだけではなく、2ヶ所の集熱ピットが温風を送りだし、冬場のエアコンはほとんど使いません。」
「もしも次に家を建てる機会があれば、また琴さんに造って頂きたいと思います。」

所在地 /東京都豊島区
規模構造 /鉄⾻造地上3階
敷地⾯積 /175.0㎡
施⼯⾯積 /148.6㎡
建築年⽉/2012年
鉄⾻造・ブレース構造
⾼断熱住宅
アトリウムを利⽤したパッシブソーラーハウス
電動式可動テント(ドイツ製・⽇本初)

パッシブデザイン住宅事例

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3565-0370 新宿区下落合 最寄駅:JR目白駅

☎03-3565-0370 家づくりセミナー開催   アーキスタジオのデザイン パッシブデザインとは 住宅のデザイン 集合住宅の考え 仕事の流れ お問い合わせ  Blog

パッシブデザイン住宅事例

PAGETOP
Copyright © 一級建築士事務所アーキスタジオ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.