大岡山プロジェクト 間口の狭さを克服した、RC打ち放し住宅

  • HOME »
  • »
  • 大岡山プロジェクト 間口の狭さを克服した、RC打ち放し住宅
前面道路より
間口6.5m奥行28.5mという細長い敷地での共同住宅
南側外観を見る
2F住戸への階段
南面は日照と眺望を確保
共同住宅と長屋の法的解釈を組み合わせている
エントランス(窓先空地)を路地に見立て計画
賃貸 スタジオタイプ
1F住戸 床レベルを下げて天井高を上げ、水廻りの上をロフト空間としている
賃貸 メゾネットタイプ
メゾネット 2F住戸内観
メゾネット 2F住戸内観
メゾネット 2F住戸内観
メゾネット 3F住戸内観

大岡山プロジェクト 間口の狭さを克服した、RC打ち放し集合住宅

間口の狭く奥行きの長い敷地を様々な工夫で有効利用したRC打ち放しの集合住宅。

住  所/    東京都太田区        
敷地面積/    180.03㎡        
施工床面積/ 304.39㎡
計画戸数/11戸        
間取詳細/14~27.5㎡        
建築年月/2002.4        
構  造/RC造   
間口6.4メートル、奥行き27.5メートルの敷地に計画された共同住宅です。
長辺方向が南に面するという唯一の好条件をいかすため、開口部を可能な限り大きくとり、日照と眺望を確保するとともに、奥行きのない住戸にあって通路部分の空間を住戸の広がりとして感じられるように計画しています。 
  
そして、1階住戸はGLより1メートル程床を下げ、天井高3.4メートルを確保したスタジオタイプとし、上階の住戸は、2,3階と上に伸びるメゾネットタイプとして計画し、上下方向に展開させました。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3565-0370 新宿区下落合 最寄駅:JR目白駅

PAGETOP
Copyright © 一級建築士事務所アーキスタジオ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.