ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)とは

  • HOME »
  • ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)とは

ZEH(ゼッチ)とは

創エネ・省エネ・畜エネとエネルギーの「見える化」

ZEH基準をクリアするためには消費電力の無駄を省く「省エネ」、太陽光発電などでエネルギーを創り出す「創エネ」、そのエネルギーを蓄電池で蓄える「畜エネ」を組み合わせて消費エネルギーを0にしなければなりません。さらにHEMS(ヘムス)で家の中のエネルギーを「見える化」します。

アーキスタジオではRC外断熱✕パッシブデザインの組み合わせで、機械設備に頼りすぎず、冬あたたかく、夏涼しい家を実現しています。
太陽光パネルをアーキスタジオ設計の住宅にのせるだけでZEHの条件がクリア出来ます。

[ヘムス] ホーム・エネルギー・マネジメント・システムとは

家のさまざまな家電製品をネットワークでつないで、エネルギーの「見える化」をしたり、状況に応じて機器をコントロールすることにより快適で省エネな暮らしを実現するシステムのことで、どれだけのエネルギーが、いつ、どこで、何に使用されたのかを目で見て確認することが出来ます。
ZEHにはエネルギーを制御するためにこのHEMSが必要不可欠な設備になります。

補助金について

補助金額

①補助対象住宅
・交付要件を満たす住宅
 一戸あたり 定額 75万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)

※寒冷地特別外皮強化仕様(1・2地域において外皮熱貫流率(UA値)0.25以下)のNearly ZEHについても同額の補助金額とする。

②蓄電システム

 補助対象として採択されるZEHに蓄電システム※1 を導入する場合には、補助金額を以下のとおり加算します。
 蓄電システムの補助額 : 初期実効容量※2 1kWh当たり4万円
 蓄電システムの補助額上限 : 補助対象経費※3 の1/3または40万円のいずれか低い金額

  • ※1 蓄電システムの要件は「設備等の要件及び補助対象設備等一覧」を参照ください。
  • ※2 JEM規格で定義された初期実効容量の内、計算値と計測値のいずれか低い方を適用し、補助額を算出します。
    また、補助額計算上は初期実効容量の小数点第二位以下は切り捨てとします。
  • ※3 蓄電システムの工事費は、補助対象外とします。
申請者の資格自ら居住する戸建て専用住宅自ら居住する戸建て専用住宅
事業の要件申請にあたっては、次の1~8の全要件に該当すること
1.申請する住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ以下であること。
2.評価対象住宅の年間の一次エネルギー消費量(太陽光発電による創エネルギー分を除く)が、H25年基準、あるいは事業主基準における基準一次エネルギー消費量に対して20%以上削減されていること。
3.一定の断熱性能を満たすこと。
4.導入する設備が、SIIが別途定める一定の要件を満たすこと。
5.既築の場合は、改修により、SIIが別途定める「導入を必須とするもの」を原則すべて新たに導入すること。
6.要件を満たすエネルギー計測装置を導入すること。
7.定期的なエネルギー使用状況の報告ができること。
8.太陽光発電システム等の再生可能エネルギーシステムを導入すること。
スケジュール
公募補助件数(事業規模より想定)申請件数(実績)採択件数(実績)公募期間事業期間
一次公募3,700件程度1,299件1,293件5月15日~6月2日12月15日
二次公募3,700件程度1,230件審査中6月8日~6月23日12月31日
三次公募3,300件程度三次~四次公募

7,300件程度を
想定

受付中-7月3日~7月21日平成30年1月21日
四次公募(予定)(7月末公開)--7月31日~8月18日平成30年1月28日

※公募への申請状況等を踏まえて五次公募の実施を検討します。詳細については決定次第公表する予定です。

(註)申請件数と採択件数の差は、仕様変更により補助要件未達となるための申請の取下げ、施主都合による申請の取下げ等によるものです。

 

ZEH(ネットゼロエネルギー)普及目標

年度

平成28年度平成29年度平成30年度平成31年度平成32年度
目標50%60%70%80%90%
実績0%

アーキスタジオでは年間ZEH建築割合を2020年度には50%以上とすることを目標とし、各年度の目標値を上記のように定め公表します。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3565-0370 新宿区下落合 最寄駅:JR目白駅

PAGETOP
Copyright © 一級建築士事務所アーキスタジオ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.