Ka-m邸 離れと4つの庭のあるパッシブデザイン住宅

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

離れと4つの庭のあるパッシブデザイン住宅 Ka-m邸

ニューハウス「自然を感じて暮らす」で特集された住宅。建物の周りにある4つ庭を楽しみながら暮らす。離れにある茶室とバスルームで、リゾートにいるような生活を満喫している。しかもパッシブデザイン住宅です。

パッシブデザイン定量評価star2 評価基準など詳しくはコチラ
建物の種類一戸建て構造地下:RC外断熱 地上:木造
敷地面積157.1m2 延床面積185.6m2
DATA外室(中庭/4つの庭/アトリウム)、ホームシアター、地階 外断熱
ニューハウス9月号(7/20発行)、東京生活NO.11(2006年春)

設計・デザインのポイント・アトリウムは外付け電動ロールスクリーン、オーニング、障子が組み込まれ、光と温熱の制御装置として
 機能する。
・アトリウムには階段が配され、住宅をスパイラル状に移動しながら庭とのシークエンスを楽しむ事ができる。
・RC外断熱(地下)部分に躯体蓄熱する事で室温を安定させている。
・高気密・高断熱(次世代基準相当)で設計されている。
クライアントの声

全文はコチラ

琴さんは、真摯に建築のことを考えていらっしゃる方で、お会いしてすぐにこの先生ならば大丈夫だろうと感じることが出来た。
テーマは「スローライフを楽しむ」ということであったが、風呂場をテラスで隔てられた離れに設置することにより、入浴行為を日常生活から非日常の特別イベントに押し上げ、生活に張りを持つことができた。

 

パッシブデザイン住宅事例

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3565-0370 新宿区下落合 最寄駅:JR目白駅

☎03-3565-0370 家づくりセミナー開催   アーキスタジオのデザイン パッシブデザインとは 住宅のデザイン 集合住宅の考え 仕事の流れ お問い合わせ  Blog

パッシブデザイン住宅事例

PAGETOP
Copyright © 一級建築士事務所アーキスタジオ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.