住宅デザインの考え方

  • HOME »
  • 住宅デザインの考え方
 住宅の設計は、クライアントの生活を豊かにするものです。

そのためには、生活の全てを包み込み、さらに省エネや環境について配慮することが求められます。アーキスタジオでは、これらの要素一つ一つについてクライアントと十分に話し合い、住まい手であるクライアントが納得できるまで徹底的に検討し、質の高い空間をご提案します。

パッシブデザインについて

太陽光で室内を暖めたり、空気の自然な流れを利用して涼しく過ごせるように配慮した設計を提案します。
日本には四季があります。なるべく空調に頼ることなく、自然の気候のままで暮らせる期間を長くするためには通風に対する配慮が欠かせません。
反面、冬場はパッシブソーラーの手法を駆使し、自然のエネルギー(太陽光)をため込み、コンクリートを暖めることで輻射熱効果がうまれ、暖房機の使用を最小限にするようにできます。
夏場には最小限の冷房機の使用でコンクリートの構造体を冷やし、輻射熱効果であまり室温を下げすぎることなく、快適に過ごすことができます。

住む人を守るしっかりした箱であること(構造・耐久性)

住宅の原点は、外敵や自然の脅威から身を守るシェルターです。
アーキスタジオの住宅は、シェルターとしての機能を高める強固で高断熱な構造を採用し、必要な壁や柱をプランの中で邪魔にならず、空間が広く感じられるよ うに位置を工夫しています。そのため、優秀な構造家と協働しています。構造については、一般的に住宅に用いられる、RC造、木造、S造などのうち、地形、 地盤、プラン、コストなどの諸条件をふまえ、クライアントと相談し、最適と思われる構造体を選択しています。

-RC造RC(鉄筋コンクリート)造
RC(鉄筋コンクリート)造は、断熱性、防音性などに優れた強固なシェルターとなります。
構造体を断熱材と外皮ですっぽりと覆うことで、激しい温度変化や酸性雨から守られ、更なる耐久性を実現することができます。
また、RC造のなかでもRC壁構造は、住宅規模の建築では最も強固な構造形式です。
阪神淡路大震災でもほとんど構造的損傷を受けませんでした。
壁の位置を工夫することで、将来の間取り変更にも対応できるスケルトン・インフィル形式にもできます。

 

木造-木造
木造建築の持つ木のやすらぎには、何者にもかえがたいものがあります。
梁や天井に木を現した空間は時が経つにつれてその魅力を増して行きます。
構造材は国産材を基本とし、天竜杉の産地から直接仕入れも可能です。また、アーキスタジオでは、在来工法(伝統的軸組)に加え、SE工法(木骨ラーメン構造)も取り入れています。SE工法は鉄骨造に近いプランの自由度があり、特に3階建ての場合に非常に有効です。

S造(鉄骨造)-S造
S造(鉄骨造)の魅力は、大きくのびやかな空間がつくれることです。3階建の場合、木造に比べ、より自由にプランを考えることができます。

優しく人を包むしっかりした箱であること(高断熱)

高断熱であれば、最小限の空調設備で快適な室内環境を整えることが可能となり、省エネルギーにもなります。
RC外断熱にした場合、断熱材が構造体を途切れることなく覆うことになるので、断熱性能が向上します。
ちょうど魔法瓶のようなイメージです。
木造やS造を選択した場合も、高断熱機能は基本として確保することにしています。
高断熱にすれば、たとえば、小型空調機1台を24時間ゆっくり 運転させておくことで、夏は涼しく冬は暖かく、快適に過ごすことができます。

鉄骨造ー断熱

鉄骨造ー断熱

RC外断熱

RC造-断熱

こだわりの空間

パッシブデザイン住宅事例1ka-m_house
離れと4つの庭のあるパッシブデザイン住宅
コンクリートと木の塀でプライバシーを確保した庭とテラスです。
中庭のように自由に使うことができるアウタールームとなっており、アーキスタジオではよく使う空間です。

この作品事例ページへ

 

パッシブデザイン住宅事例2目白プロジェクト

屋上の緑を楽しみながらくつろいで入浴できるバスルームになっています。 幹線道路に面し向かい側には高層マンションが建っているので、木の塀とスチールのルーバーでプライバシーを確保しています。

この作品事例ページへ

 

パッシブデザイン住宅事例3yo-s_house
離れの音楽室と地下室のあるパッシブデザイン住宅
コンパクトな住宅なので中庭をうまく活かした空間構成としました。
具体的には、各室が中庭とつながることでそれぞれの部屋が広く感じられるようになります。
また、中庭空間は屋根のない部屋として様々に使い楽しむことができます。

この作品事例ページへ

パッシブデザイン住宅事例4yo-s_house
離れの音楽室と地下室のあるパッシブデザイン住宅
完成から数年後、ご両親の 部屋で一緒に寝ていたお子さん達がそれぞれの子供室を本格的に使うことになり、設計時に予定していたベッドと学習机、可動収納を作りたいとのご依頼があり ました。子供室は中庭を挟んで離れのようになっており、冒険心や独立心をくすぐっているようです。私たちも、今後のお子さん達の成長が楽しみです。

 

 

 

 

 

この作品事例ページへ

 

パッシブデザイン住宅事例5ok-a_house
暖かいリビングと中庭のあるパッシブデザイン住宅
オーディオルーム
完全防音であるとともに、反射面と吸音面の調整により残響音もオーナの好みに合わせて調整して作られています。(石井式オーディオルーム)

この作品事例ページへ

パッシブデザイン住宅事例6ka-m_house
離れと4つの庭のあるパッシブデザイン住宅
リビングやダイニングでくつろぐ家族と目線のレベルが合うようにキッチンの床に高低差が付けてあります。
家族との会話を楽しみながら料理を作ることができます。
また、厨房機器メーカーの本格的なステンレスキッチンを使用しています。

この作品事例ページへ

パッシブデザイン住宅事例7kw-b_house
大きなテントのパッシブデザイン住宅
なお、kw-b_houseでも同様の工夫をしています。

この作品事例ページへ

 

パッシブデザイン住宅事例8ka-m_house
離れと4つの庭のあるパッシブデザイン住宅
アトリウムの空気の自然な通風をうながす窓

この作品事例ページへ

 

パッシブデザイン住宅事例9kw-b_house
大きなテントのパッシブデザイン住宅
太陽光の調節とともに通りからの視線も調整できるテント

この作品事例ページへ

きなりのここちよさを楽しむ

それは、スッピンの美しさとも云えます。
・ RC打ち放し(鉄筋コンクリ-ト打ち放し)
・無垢のフローリング、柱、梁
・漆喰や、珪藻土
・壁紙
・蜜蝋や、桐油など自然の素材で、かつクライアント自身で手 入れのできるワックスや塗料

普段、私たちは視覚からの情報にとらわれがちですが、心地よさとは、視覚に限らず五感で感じるものです。そうした心地 よさを感じられる工夫の一つとして、アーキスタジオでは本物の素材にこだわります。例えば、無垢のフローリングや柱、梁、漆喰の壁、珪藻土、打ち放しコン クリートなど・・・
手頃な値段で本物の素材をみつけるのは一苦労ですが、ふさわしい素材がふさわしい場所にぴたりと収まった時の手応えは格別です。
素材を生かしたデザインは、五感で感じられる自然な心地よさを生みます。また、0.2~0.3mmのツキ板を使った合板は、使い始めた時から劣化がはじま りますが、本物の素材は、クライアントご自身でメンテナンスしていただくことで、何十年、時には百年を超えて愛用していただけます。

コンクリート

ガラス質の形成されたRC打放しの壁。

蜜蝋

無垢のフローリング メンテナンスには蜜蝋を勧めています。

 

 

 

 

 

 

珪藻土

珪藻土の壁と天井の様子。

内装 和紙

記念に寝室の壁に和紙をクライアントご自身で貼られました。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3565-0370 新宿区下落合 最寄駅:JR目白駅

PAGETOP
Copyright © 一級建築士事務所アーキスタジオ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.