集合住宅の考え方

  • HOME »
  • 集合住宅の考え方

入居率100%を目指すために

効果的な土地の有効活用として、賃貸住宅を選択した場合、なるべく広いスペースを確保し、入居率100%に近づけることが望まれます。
入居者像を具体的にし、家具配置なども考慮して使いやすいプランを練ることは、住宅の設計では基本ですが、集合住宅ではこれができていない住戸が多いのが現状です。
募集用の間取り図では広そうに見えた住戸が、実際には使いにくく狭くなってしまったりするため、 入居者の入れ代わりが早くなっているケースがあります。
アーキスタジオでは、構造を生かした空間デザインで敷地固有の条件から、効率のよい配置やプラン、1戸あたりの面積、階高などを立体的かつシンプルに読み解くことで、 効率のよいプランをご提案しています。

アーキスタジオのマンションデザインにおける工夫例

音楽室のある集合住宅Conbrio

1.全戸音楽室付賃貸住宅
2.南北両面に接道する敷地の特徴を活かし、建物構成と動線配置の工夫でレンタブル比100%を実現

全戸音楽室付賃貸住宅の事例です。
建物構成は、1階玄関から2・3階へとつながるトリプルネットタイプと、1階・B1階のメゾネットタイプの2種類があり、南側各タイプ2戸の計4戸、北側 もそのまま反転させた形で同じく計4戸の全8戸となっており、各住戸はワンルームと完全防音の音楽室の組み合わせになっています。
南北両面に接道する敷地の特徴を活かし、各住戸の玄関が道路に直接面するように計画することで、レンタブル比100%(共用部分が0)の効率の良い賃貸住宅となっています。

この設計事例ページへ

共同住宅+長屋大岡山プロジェクト(Ookayama)

敷地形状のデメリットを共同住宅+長屋とすることで窓先空地を抑え入居者の利便性を確保

間口6.5m奥行28.5mという細長い敷地での共同住宅の事例です。
この細長い敷地に通常の共同住宅を計画した場合、法律上幅の広い敷地内通路(窓先空地)を確保しなければならないのですが、建築基準法の共同住宅と長屋の法的解釈を組み合わせることにより、敷地内通路幅を2m以内とすることができました。
これにより、住戸部分が極端に狭められることなく入居者の利便性を確保した計画が可能となりました。

この設計事例ページへ

賃貸併用住宅PLYO

1.『3階建ての2世帯住宅』⇒『7階建ての賃貸物件付住宅』
2.オーナーの2世帯住宅部分の眺望と賃料収入を確保

当初クライアントからの要望は、『3階建ての2世帯住宅』でした。
しかし敷地条件を調査した結果、より大きなボリュームの建物を建てられることがわかり、収益性も見込める事から、下層階に賃貸住宅を配し5‐7階をオーナーの2世帯住宅とする『7階建ての賃貸物件付住宅』を提案しました。
周囲に高層の建築物がないことから、360°視界の開けた見晴らしの良い住宅となりました。
クライアントからも、眺望がよく賃料収入も確保できるようになったと喜ばれています。

この設計事例ページへ

YandGパティオY&Gパティオ

1.敷地を2つに分割して日影規制をクリアし容積率を有効利用
2.2棟の間の中庭で一体感と魅力のある空間を演出

袋小路の突き当りの敷地に、店舗・事務所・共同住宅(オーナー邸付)で構成した、複合施設の設計です。
この建物では、日影規制の制約から敷地を一体として計画するよりも、2つに分割したほうが有効である事が検討の結果わかりました。
そこで西側建物を3階建の店舗兼事務所とし、東側建物を5階建の店舗兼共同住宅(オーナー邸を含む)としましたた。
これにより、日影規制をクリアさせた通常建築可能な3階建よりも容積率を有効に利用することができました。
また、表情に変化のある2棟の間を共用の中庭空間でつなぐことで一体感のある魅力的な空間とすることに成功しています。

この設計事例ページへ

稼働率や賃料を維持し長期収益を目指すために

アー キスタジオでは、RC外断熱の住宅を多く手がけており、最近ではRC外断熱の長期優良住宅(200年住宅)により、構造体の高耐久化を実践していま す。その経験を活かし、こうした集合住宅では、建物をスケルトン(構造体)とインフィル(内装・設備)とに分けて考え、スケルトン部はコンクリートの品 質・性能を高めて耐久性を高め、インフィル部は交換が容易に行えるような計画としています。
こうして、賃貸住宅の稼働率や賃料を維持していくためには、しっかりとした空間づくりが何よりも大切であると考えています。

 

外断熱の賃貸併用住宅Passage

RC外断熱で省エネで冬暖かく、夏涼しい屋内環境を実現

建物はRCの外断熱で内部を打ち放しとしている。
コンクリート打ち放しのインテリアは中野駅周辺の若い客層にマッチしたデザインであるだけでなく、コンクリートが蓄熱体として作用し、省エネで冬暖かく、夏涼しい屋内環境を実現させている。

竣工後半年経ってから実施した入居者アンケートでは、実施した12月20日時点で、部屋は暖かくまだ暖房を使っていないません。また間取り、キッチン上部 の収納、洗面所(トイレ、風呂含む)、クロゼットと一人暮らしに十分な広さで快適です。(荷物多めの私です。)」との回答を女性の方から頂いています。

 

 

 

 

この設計事例ページへ

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3565-0370 新宿区下落合 最寄駅:JR目白駅

PAGETOP
Copyright © 一級建築士事務所アーキスタジオ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.